プロテインで置き換えダイエットをして理想のボディに

プロテインで置き換えダイエットをして理想のボディに

ダイエットを成功させるためには、食事制限と、運動が大切です。
食事制限をすれば摂取カロリーが少なくなりますので、太りにくくなります。

 

同時に運動も大切です。
運動をすると消費カロリーが増えるため太りにくくなります。

 

同時に筋肉量を増やすことができるため『基礎代謝』を上げることができるからです。

 

今回はこの3つの点「食事制限」「運動」「筋肉量を増やす」ことを重視した「プロテイン置き換えダイエット」を紹介します。
置き換えダイエットとは、一日の食事の中のどれかを、軽めの食事に置き換える方法です。

 

プロテインで置き換えダイエットをして理想のボディに近づいてきましょう。

 

一般的には朝食の代わりに野菜ジュースを飲む方法、ランチをサラダのみにするなどの方法があります。
今回は朝食、またはランチを「プロテイン」に置き換えることをおすすめします。

 

プロテインはタンパク質の英語名で、身体を作る大切な栄養素をふんだんに含んでいます。

 

糖質が入っていないため、糖質制限ダイエットをしながらプロテイン置き換えダイエットをすることもできます。

 

置き換えダイエットで失敗してしまうのは、栄養分が少ない食事に置き換えて、結果的に空腹に耐えられなくなるケースがほとんどです。
プロテインは栄養素そのものですので、栄養不足になり、空腹感を感じることもありません。

 

さらにプロテインは筋肉を作るための材料でもあります。

 

無理な摂取カロリーをすると、筋肉量が少なくなり、基礎代謝が下がることで、リバウンドしやすく、太りやすい体になることがあります。
プロテインに置き換えれば、筋肉量が減る心配はありません。

 

さらに通勤時のバス移動をウォーキングにする、またはエレベーターやエスカレーターを使わず階段を上るといった、軽い有酸素運動や筋トレを行うことで、プロテインの働きもあり、消費カロリーが増えるだけでなく、筋肉量も上がります。

 

つまりプロテインを毎日摂取することで、効率的に筋肉量のアップが期待できるということです。
もちろんスクワットやプランクなどの体幹トレーニングをすれば、筋肉量の増大はさらに期待できます。

 

またランニングは有酸素運動ですので、消費カロリーを増やす効果がかなり期待できますが、同時に筋トレでもあります。ジャンプと着地の連続により、大臀筋や太ももの筋トレにもなるからです。

 

ランニングだけでは筋肉量は増えにくいのですが、十分な量のプロテインを摂取していれば、ランニングも立派な筋トレになります。このように日常生活の少しの工夫と、一食をプロテインに置き換えるだけで、リバウンドのしにくいやせやすい体を手に入れることができます。

 

コンブチャクレンズ 口コミ